コラーゲンは粉末状がベスト【プルプル美肌と健康への鍵】

コラーゲン

腰痛を防ぐ

腰痛はなぜおこるのか

サプリメント

若いうちは特に気にしていませんでしたが、 40代ぐらいになると突如襲ってくる腰痛。 これは人間の日頃の偏った姿勢が、 1日、1日積み重なって引き起こされた生活習慣病の一つといっても過言 ではありません。 腰痛が引き起こされる代表的な原因はデスクワークなどの、 机に向かって行う作業が代表的な例だといわれています。 運動不足の人が腰痛になりやすいという思いがちですが、 いくら学生時代に運動系の部活動で激しい運動をしていても、 社会人になって一切運動を行わず腰を曲げた状態で デスクワークなどをしていたら誰でも腰痛になる可能性が 大きくなります。そのため腰痛という症状は、 誰しもが起こるものであり、 私達は普段の姿勢に気を付けて日常生活を送らなければいけません。 腰痛を改善するためにはまず姿勢の改善から徐々に 矯正していかなければいけないのです。

姿勢を改善するため

先ほど、腰痛を改善するために必要なことは、 日常生活の日々の姿勢の改善が大事だと書きましたが、 具体的には何をすればいいのかというと。 まずは背筋を伸ばして胸を張って歩くことです。 小学校の時を思い出してみてください。 よく姿勢を正しくして背筋を伸ばして椅子に座りなさいと言われませんでしたか。 これは成長期の子供にとって普段の姿勢の歪みは、 発育にものすごく大きな影響を与えるからです。 しかし私たちが大人になれば誰も姿勢の事についてあまり注意してくれる人は いません。人間は20を過ぎると成長が基本的にストップするので、 一見問題ないかもしれないと思いますが、 そんなことはありません。なぜなら20代を過ぎてからは、 基本的に筋肉は鍛えない限りだんだんと衰えていきます。 しかし私達社会人は大人になるとあんまり運動をしなくなるので、 姿勢を矯正せず偏った筋肉の使い方をしていれば、 腰痛コースにまっしぐらです。 姿勢を正すことはなにも発育に影響が出ることだけではなく、 筋肉の老化を抑え腰痛を未然に抑えることにもなるのです。